リスニングの勉強法。

リスニングを勉強する方法ってみんなどんな風にしているんだろう。ぱっと思いつくのは、英会話教室に飛び込むことだよね。ネイティブと話すことがリスニング力がつく!と思うんだけどね。

それも大切だよね。でも、英語リスニング向上のためには英語の発音をマスターすることも大事みたい。確かに、英語って空気を抜くような発音とかあって、日本語と全然違うもんね。聞き取りにくかったりするよね。

発音は難しいけれど、一番しておかなくちゃいけないことかも。それから熟語ね。例えば、「take」。

一般的な意味としては「取る」「捕まえる」などあるけれど、これを「take a bath」で「お風呂に入る」という意味になるし、「take a bus」で「バスに乗る」という意味になる。同じ「take」でも熟語で全然違う意味になる。

しかもこの二つの熟語、文字を見ずにネイティブに発音してもらって違いが分かるだろうか?どっちの「バス」だぁ?と悩んでしまうでしょうね。まっ、それも会話から推測できるから心配はないけれど、ちゃんと二つの熟語を知っていて初めて意味を理解できるんだよね。

発音と熟語、勉強してから会話を勉強したら理解しやすいかもね。